乳児のモンテッソーリ教育(0~3歳)

乳児のモンテッソーリ教育の実践

乳児は、生まれた時から身の回りにある環境のありとあらゆるものを善悪の関係なく吸収し、自分を創っていきます。
それは、無意識のうちに行われ、人格として築き上げられます。そのエネルギーは、子どもの内面にあって大人が教え込むものではなく、子どもを取り巻く環境(人や物)から吸収します。
 幼い子は、いつもきれいに整理整頓されたお部屋や決まった場所に物が置かれている環境で過ごすことで、秩序ある生活を自分のものとし、また一番多く接した人からは、顔の表情・身の動き・物の取り扱い方・やさしさ・言葉遣いなど、その人格そのものを吸収して自己を成長させていきます。
 子どものこうした成長を知った上で、当學院のモンテッソーリ教育は0から3才までの乳児期において、一人ひとりの内的な要求が満たされるよう、また自分でできるようになるよう保育教育を行っております。


0歳の保育内容(いちご組)

ハイハイやつかまり立ち、つたい歩きなど、充分運動ができる広いスペースを用意しています。お子様一人ひとりの生活リズムを受け入れ、担当保育教諭による愛着関係を育んでいきます。
また、歩けるようになると発達に適した教具や環境が必要になるため、月齢や年齢に関係なく1・2歳児クラス(さくらんぼ組・りんご組)のお部屋へ移行していきます。


1・2歳の保育内容(さくらんぼ組・りんご組)

画像 0歳児クラス(いちご組)で歩行が完成した子ども達は1・2歳児の縦割りクラスへ移行します。家庭では全てが大人サイズの物に対して、当學院では1・2歳児の小さな手でも扱うことができるサイズで本物(陶器やグラス製、普段大人が使っているものの子どもサイズとお考えください)の教具を用意しています。
たくさんのおしごとの中から自分で好きなものを選んで取り組むことで集中力が生まれ、落ち着きと安定した心が育ちます。1歳児は2歳児の動きを見て、それを模範し、吸収していきます。


その他

お昼寝、着脱

画像 食事の後、排泄、着脱を済ませると自分のお布団に行き静かに眠りにつきます。
着脱は出来ない所だけを援助し、なるべく子ども自身でできるようにしていきます。着脱方法(手の通し方など)は全保育者共通して〃着脱方法を伝えています。1歳児は2歳児がしている様子を見ているので無理なく進めていくことができます。

トイレットラーニング

モンテッソーリ教育ではトイレトレーニングと言わずに“トイレットラーニング”といいます。なぜならこれは排泄をトレーニングして教え込むのではなく、子どもたちが生活の中で自然と学んでいくものだからです。
当學院では排泄の自立に向かう0歳からトイレットラーニングを始めます。0歳のお子様でも腰が安定してお座りができるようになるとオマルに座る習慣をつけていきます。このことが習慣となり、開設のリズムができていきます。
オマルへの抵抗もなくなってくると、オマルや便座で排泄できるようになります。また、二中は布おむつ(まだ腰が安定してお座りが出来ない時期に使用する)や布パンツを使用しています。今日の紙おむつや紙パンツは非常に優れており、排泄してもず具にサラッとして「濡れて気持ちが悪い」という感覚が鈍ってしまいます。そのため、登園後から帰宅するまでの間は布パンツで過ごします。排泄する度にしっかりと濡れて結果が目に見えるため、子どもは「着替えないといけない」ということを理解していきます。そして少しずつ自身の排泄の感覚が把握できるようになり、排泄への自立へと向かいます。おおよそ2歳前後でほぼ排泄が自立していきます。(個人差があります)


Page Top