乳児のモンテッソーリ教育(0~3歳)

乳児のモンテッソーリ教育の実践

乳児は、生まれた時から身の回りにある環境のありとあらゆるものを善悪の関係なく吸収し、自分を創っていきます。
それは、無意識のうちに行われ、人格として築き上げられます。そのエネルギーは、子どもの内面にあって大人が教え込むものではなく、子どもを取り巻く環境(人や物)から吸収します。
 幼い子は、いつもきれいに整頓されたお部屋や決まった場所に物が置かれている環境で過ごすことで、秩序ある生活を自分のものとし、また一番多く接した人からは、顔の表情・身の動き・物の取り扱い方・やさしさ・言葉遣いなど、その人格そのものを吸収して自己を成長させていきます。
 子どものこうした成長を知った上で、当院のモンテッソーリ教育は赤ちゃんから2才までの乳児期において、一人ひとりの内的な要求が満たされるよう援助をするものであります。

0歳の保育内容(いちご組)

ハイハイやつかまり立ち、つたい歩きなど、充分運動ができる広いスペースを用意しています。お子様一人ひとりの生活リズムを受け入れ、担当保育教諭による愛着関係を育んでいきます。
また、歩けるようになると発達に適した教具や環境が必要になるため、月齢や年齢に関係なく1・2歳児クラス(さくらんぼ組)のお部屋へ移行していきます。

画像
画像
画像

1・2歳児の保育内容(さくらんぼ組)

画像 0歳児クラス(いちご組)で歩行が完成した子ども達は1・2歳児の縦割りクラスへ移行します。家庭では全てが大人サイズの物に対して、当園では1・2歳児の小さな手でも扱うことができるサイズで本物(陶器やグラス製、普段大人が使っているものの子どもサイズとお考えください)の教具を用意しています。
たくさんのおしごとの中から自分で好きなものを選んで取り組むことで集中力が生まれ、落ち着きと安定した心が育ちます。1歳児は2才児の動きを見て、それを模範し、吸収していきます。


お昼寝、排泄、着脱

画像 お昼寝では静かな曲が流れている中、自分の好きな場所を選んで静かに眠りにつきます。
 着脱では出来ない所だけを援助し、なるべく子ども自身でできるようにしていき、排泄や着脱のトレーニングも1歳児は2歳児がしている様子を見ているので無理なく進めていくことができます。


クッキング

材料や用具を子どものサイズで用意してあげると、子ども達は最後まで自分で仕上げます。
 最後は、用具を水道で洗ったり、水気を拭いたりも出来るようになります。

画像
画像
画像

Page Top